一棟売りマンションを購入するには|時代の風に乗ろう

男の人

近年人気の発電方法

紙幣

設置しよう

ここ数年、太陽光を利用した太陽光発電が注目を浴びています。これは、家庭用と事業所用に分けられますが、一般家庭においては、太陽光発電を導入することでかなりのメリットを受けることができるとされています。家の屋根に発電用の太陽光パネルを設置することで、発電することが可能となります。太陽光によって発電した電気は自分の家で使用することもできますし、また電力を電力会社に売却する事も可能となっています。電力を売却することは一般的に売電と呼ばれており、そのことによって、一定の収入があがることが期待できるため、近年太陽光発電に人気が出てきています。また、パネルの設置数によって、その売電収入も増えていくとされており、多くの方ができるだけ多くのパネルを設置しているようです。

利益になる

太陽光発電によって生まれる売電収入は、発電効率や設置パネル数によって変わります。また、太陽光発電を実施するうえで必要なパネルの価格は、一般的に多い10kwで300万円から400万だと言われており、余剰買取の場合だと償却期間は10年程度です。 太陽光発電によって得られる売電収入の平均は、毎月1万円から3万程度が平均のようです。注意が必要なことは、太陽光発電において一番重要とされる買取単価の変動です。固定価格の契約が終わった後は、買取単価が下がることも想定され、それによっては収入が減少してしまう可能性もあります。しかし、太陽光パネルの償却が終わった後は、丸々収益となるため、メリットは大きいと考えられます。