一棟売りマンションを購入するには|時代の風に乗ろう

男の人

災害時にも役立つ

パーキング

活用術

太陽光発電は、太陽光パネルを設置することで発電する電力を利用し、家庭内での電気代の削減に大きく貢献することや災害時の電力供給といったメリットが知られています。しかし、さらなるメリットとして売電することが出来るということはあまり知られていません。太陽光発電は家庭内で使用する分を超えた余剰分を電力会社に売ることが可能であり、その価格は電気を購入する金額よりも高いという特徴があります。そのため、投資目的で太陽光発電を導入する方も増えており、さらに大きな投資を行うには住宅の屋根に設置する家庭用ではなく、非居住環境に設置する産業用太陽光発電の導入をすることが望ましいといえます。特に遊休地を持たれる方にとっては非常に有効案土地活用となるためおすすめです。

保証されている

土地活用としての投資手段は数多くありますが、メジャーであるアパート建築や駐車場などは、人の出入りが多いエリアで行わなければ大きな損失に繋がります。それに対し、産業用太陽光発電への投資は、人の出入りによる需要は無く、確実に売電できるというメリットがあり、その売電価格も20年間は保証されるため非常にリスクが少ない投資となり、その利回りは10%を超えるケースも多く、10年程度で投資額を回収できることが期待できるため、土地活用を行うには現状最も良い選択肢と言えるでしょう。注意すべき点は太陽光発電は日当りの良さを要しますので、日陰にならない立地条件は必須となることや、売電価格は年円減少傾向にたるため、早期の導入を要することです。土地を持つ以上は固定資産税がかかるなど維持費が必要になるため、少しでも維持費をカバーできる安定した土地活用を行うことをおすすめします。